審美治療

補綴

補綴とは

補綴とは

補綴治療とは、むし歯や歯周病、事故によるけがなどで歯が欠けたり取れたりしたときに、その部分を補う治療のことです。詰め物や被せ物、入れ歯や義歯、ブリッジ、インプラントなどの種類があります。


治療をせずに放置しておくと、歯並びや噛み合わせのバランスが崩れ、健康状態に悪影響を及ぼすこともあります。痛みや腫れがないからといって放置せず、すぐに治療を受けるようにしましょう。

保険の詰め物と自費との違い

保険適用の詰め物には、レジンなど従来からある樹脂のものや、「金パラ」と言われる合金にパラジウムが含まれている保険適用の金属材があります。


一方、自費の詰め物には、金(ゴールド)やセラミックをはじめ、多種多様な素材があります。保険のものに比べると、自然な白さのきれいな歯になり、強度や変色のしにくさといった面でも優れています。ただし、保険適用ではないので費用は高くなります。

使用する位置や、患者さんの求めている条件によって適切な素材が異なりますので、当院では患者さんのご希望や状況に合わせた素材をご提案しています。

自費診療の補綴の種類

当院では主に以下の4つの素材を扱っています。

  • メタルボンド:金属の表面にセラミックがほどこされているもの
  • エステニア:セラミックとレジン(合成樹脂)がミックスされているもの
  • セラミック:100%セラミックで作られているもの
  • ジルコニア:人工ダイヤモンドと言われるほど強度に優れた素材のもの

当院で使用している補綴材のメリット・デメリット

メタルボンド

メタルボンド
  • 強度があるので、前歯から奥歯まで幅広く対応できる
  • 金属を使用しているので、セラミックよりは審美性に劣る
  • 長期間の使用で歯茎が黒ずむ心配がある
  • 金属アレルギーのある方には適さない

エステニア

  • 小さい範囲のむし歯治療に適している
  • 自然な色合いで目立ちにくい
  • 変色が少ない
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない
  • 他の自費のものよりも費用が安い
  • 金属より強度が劣るので、欠けやすい

セラミック

セラミック
  • 透明度が高く審美性に優れているので、前歯に適している
  • メタルボンドやジルコニアよりも耐久性には劣る

ジルコニア

ジルコニア
  • 非常に耐久性が高く、奥歯や噛む力が強い方にも対応できる
  • 変色しにくく、汚れが付きにくい
  • 金属アレルギーが起こらない
  • 審美性はやや劣るので、前歯には適さない
  • 費用がかかる

料金

  • メタルボンド7~8万円(税抜)
  • エステニア4~5万円(税抜)
  • セラミック8~10万円(税抜)
  • ジルコニア8~10万円(税抜)

ホワイトニング

ホームホワイトニングについて

ホームホワイトニングについて

当院では、患者さん自身にご自宅で行っていただく「ホームホワイトニング」のみ取り扱っています。ホームホワイトニングは、ご自宅でご自身のタイミングでできるので、お仕事でお忙しくされている方をはじめ、結婚前に歯をきれいにしておきたい方、年齢と共に歯の黄ばみが気になってきた方など、幅広い世代の方にご利用されています。興味のある方は、お気軽にご相談ください。

料金

  • 3万円(税抜)

ホワイトニングのメリット・デメリット

白くてきれいな歯が手に入るので、見た目に自信がつくという大きなメリットがあります。ただし、ホワイトニング後に、以前治療して入れた詰め物・被せ物の色が目立って気になってしまうこともあります。人によっては、ホワイトニング後の歯の色に合わせて、詰め物・被せ物を入れ替えることもあります。

お問い合わせは
お気軽に

できる限り痛みの少ない、抜かない治療を心がけ、
患者さん一人ひとりに合わせた治療をご提供しています。

0568-81-24290568-81-2429

9:00~12:00/15:00~20:00 木日祝 休診
※土曜は9:00~12:00/14:30~17:30

pagetop