マタニティー治療

妊婦さんが陥りがちな歯のトラブル

妊婦さんが陥りがちな歯のトラブル

つわりがひどい方は毎日の歯磨きが行き届きにくくなり、歯肉炎を起こしやすくなります。また、女性ホルモンの関係で、妊娠中は歯肉炎や歯周病を引き起こしやすいと言われています。妊娠中でも毎日の歯磨きは欠かさず行い、歯科医院で歯のクリーニングやむし歯チェックなどを受けるようにしましょう。

放置してしまうリスクについて

妊娠中にできたむし歯や歯周病をそのままにしておくと、重症化してしまうことがあります。痛みを伴ったり、抜歯が必要になったりすると、薬や麻酔の投与が必要になります。妊娠中の薬の使用をできるだけ控えるためにも、なるべく早いうちに歯科医院を受診するようにしましょう。

妊娠中に大がかりな治療が必要な場合

軽度なむし歯や歯周病に関しては、妊娠中でも当院での治療が可能です。ただし、親知らずの抜歯などの大がかりな治療が必要な場合は、市民病院をご紹介しています。

妊娠中の健診を行うタイミングについて

妊娠中の健診を行うタイミングについて

妊娠中は歯のケアがおろそかになりがちです。また、出産後は歯科医院へ通う時間の取れない方がほとんどです。当院では、つわりの症状が軽い方は、なるべく早い段階で歯科健診を受け、むし歯などが見つかったら早めに治療を済ませておくことをおすすめしています。つわりのひどい方も、安定期(6~7ヶ月)に入ってつわりがおさまったら、なるべく早めにご来院ください。安心して赤ちゃんを産むためにも、出産前からご自分の歯の健康に気を配っておきましょう。

当院が行っている妊娠中の治療について

当院では、妊娠中の方への治療には、できるだけ薬を使用しないようにしています。また、歯科用のレントゲンは通常のレントゲンよりも放射線量が少なく、お腹の赤ちゃんへの影響はほとんどないとされていますが、極力行わないように心がけています。どうしても必要な場合は、放射線をブロックする鉛のエプロンを着て行います。

お問い合わせは
お気軽に

できる限り痛みの少ない、抜かない治療を心がけ、
患者さん一人ひとりに合わせた治療をご提供しています。

0568-81-24290568-81-2429

9:00~12:00/15:00~20:00 木日祝 休診
※土曜は9:00~12:00/14:30~17:30